メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

崎陽軒(神奈川県)/下 拡大路線修正し復活

大ヒットを続ける崎陽軒の「シウマイ弁当」。年間販売数は890万個に上る=同社提供

 <since 1908>

めざすものは、真に優れたローカルブランド

 崎陽軒の2018年2月期決算の売上高は242億7500万円となり、6期連続で最高売り上げを更新した。現在は業績好調とはいえ、横浜名物「シウマイ」のブランド価値が過去ずっと輝いていたわけではない。

 昭和50年代から60年代にかけ、大量生産しやすいよう、包装の形を変えた時期があった。穴の開いたトレーにシウマイを乗せて厚紙の箱に入れ、包装紙も使わず出荷した。一箱一箱、丁寧に包装する見慣れたスタイルとはかなり違う。「こんなの、お土産じゃない」と苦情が相次ぎ、売れ行きも落ちた。

 「ただの工業製品みたいになってしまった。(包装した)お土産品だから喜んでもらえたのに」と3代目の野…

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文753文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  2. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです