メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

八戸からの発信=酒井佐忠

 <風紋に残す靴跡やませ寒(ざむ)>。青森県は八戸で俳誌「たかんな」を創刊して活躍する藤木倶子の句。「やませ」は北日本の太平洋岸に吹く冷たく湿った風のこと。句ができたのは大須賀海岸。若かった藤木はよくこれらの浜で大好きな貝を拾い、海猫(ごめ)の声も聞いた。風に耐え浜の美しさに守られ、ひたすら俳句にまい進した。その八戸を久しぶりに訪れた。八戸から山口青邨の句で有名な淋代海岸(三沢市)を取材でともに歩いた日も思い起こす。

 7月7日の八戸プラザホテル。「たかんな」創刊25周年を祝う会が開かれた。藤木が主宰を退き名誉主宰に…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文580文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 魔裟斗&須藤元気が山本KIDさん追悼 04年&05年大みそかにKIDさんと対戦
  2. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  3. 北電 苫東1号機18日夕にも復旧 節電協力も緩和
  4. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
  5. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです