メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

八戸からの発信=酒井佐忠

 <風紋に残す靴跡やませ寒(ざむ)>。青森県は八戸で俳誌「たかんな」を創刊して活躍する藤木倶子の句。「やませ」は北日本の太平洋岸に吹く冷たく湿った風のこと。句ができたのは大須賀海岸。若かった藤木はよくこれらの浜で大好きな貝を拾い、海猫(ごめ)の声も聞いた。風に耐え浜の美しさに守られ、ひたすら俳句にまい進した。その八戸を久しぶりに訪れた。八戸から山口青邨の句で有名な淋代海岸(三沢市)を取材でともに歩いた日も思い起こす。

 7月7日の八戸プラザホテル。「たかんな」創刊25周年を祝う会が開かれた。藤木が主宰を退き名誉主宰に…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文580文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  4. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです