メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

殺害現場となったガソリンスタンド併設のカフェスペースの前で、カエム氏を悼む参加者たち

 見上げれば高層ビルの群れが空をふさぐほど並び、街を歩けばまばゆいネオンに包まれる。数年ぶりに訪れたカンボジアの首都プノンペンは、一瞬どこを歩いているのか分からなくなるほど目まぐるしく変わっていた。ただ私はその華やかさを、手放しで喜べずにいた。

 今月10日、政治アナリストのカエム・ライ氏が殺害されて2年がたつこの日に、彼が創始者でもある草の根民主党が街を行進した。元々は僧侶だったという参加者の一人は、この党から立候補し、選挙を戦うという。自分が暮らしてきた国が、自分の国ではなくなって…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  5. 米大リーグ マリナーズ・イチロー現役引退 「妻が一番頑張った」 孤高の天才支えた家族

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです