メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三陸ウミガメ

冷たい海へっちゃら 代謝高く活動活発

 北太平洋に生息し、三陸沖に現れるアカウミガメは、他の海域に生息する個体より代謝が高く、冷たい海でも泳ぎ回る「寒冷地仕様」であるとの分析結果を、東京大大気海洋研究所などのチームがまとめた。爬虫(はちゅう)類のアカウミガメは一般に、水温が下がると動きが鈍り、冬眠に近い状態になる。チームの佐藤克文・東京大教授(海洋生物学)は「三陸の海は餌が豊富なため、低水温でも活発に動いて成長する戦略を選んだのではないか」と話している。

 チームは2009~14年、小型の記録装置を付けて行動を追跡する手法「バイオロギング」で、三陸沖のア…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文579文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  2. 白血病などの遺伝子治療製品、国内初承認へ
  3. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  4. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  5. 防衛省 空自F2後継機は新規開発 既存改良はコスト高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです