メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三陸ウミガメ

「寒冷地仕様」代謝高く動き活発 東大分析

 北太平洋に生息し、三陸沖に現れるアカウミガメは、他の海域に生息する個体より代謝が高く、冷たい海でも泳ぎ回る「寒冷地仕様」であるとの分析結果を、東京大大気海洋研究所などのチームがまとめた。爬虫(はちゅう)類のアカウミガメは一般に、水温が下がると動きが鈍り、冬眠に近い状態になる。チームの佐藤克文・東京大教授(海洋生物学)は「三陸の海は餌が豊富なため、低水温でも活発に動いて成長する戦略を選んだのではないか」と話している。

 チームは2009~14年、小型の記録装置を付けて行動を追跡する手法「バイオロギング」で、三陸沖のア…

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文780文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ
  4. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです