メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

初優勝の御嶽海は13勝2敗

【大相撲名古屋場所 12日目】琴恵光(右)をはたき込みで破る貴ノ岩=ドルフィンズアリーナで2018年7月19日、大西岳彦撮影

 大相撲名古屋場所千秋楽は22日、14日目に初優勝を決めた関脇・御嶽海は豊山に掛け投げで敗れ、13勝2敗で終えた。来場所は大関取りに挑む。大関対決は豪栄道が高安を圧倒して勝ち星を2桁に乗せた。高安は9勝止まりだった。十両は2敗の2人による優勝決定戦を貴ノ岩が制した。

 三賞は殊勲賞が優勝した御嶽海で3回目の獲得。2回目の技能賞も手にした。敢闘賞はともに優勝争いに絡んだ豊山が初、朝乃山が2回目の受賞を果たした。

 平幕の千代翔馬が右足親指骨折で休場。今場所の幕内休場者は3横綱と新大関・栃ノ心を含めて7人となった…

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文624文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 週刊テレビ評 綾瀬はるか主演「義母と娘のブルース」 原作を超えた独自の世界観=碓井広義
  4. 拾得物詐取 大阪の巡査ら個人情報なし狙い
  5. あおなみ線 空港まで 名古屋市、検討対策室設置へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです