メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

「勝って終わりたかった」御嶽海

【大相撲名古屋場所千秋楽】御嶽海(奥)を掛け投げで破る豊山=ドルフィンズアリーナで2018年7月22日、兵藤公治撮影

 大相撲名古屋場所の22日、千秋楽を盛り上げたのは、既に優勝を決めていた御嶽海を、逆転で豪快に破った豊山だった。

 「悔いを残したくなかった」と豊山。立ち合いから双差しを許して後退しても懸命に残した。その後も劣勢だったが、相手が右を差して出てくるところを、土俵際の掛け投げで決着をつけた。御嶽海を「勝って終わりたかった。まだまだ稽古(けいこ)を積まないと」と残念がらせた。

 30代の3横綱や新大関の栃ノ心らが続々と休場した平成最後の名古屋場所。25歳の御嶽海や、ともに24…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文528文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは19試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  5. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです