メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

上位陣どう崩す 御嶽海、初の大関取り

【大相撲名古屋場所千秋楽】優勝パレードの出発前に優勝旗を持つ栃煌山(左)らと万歳する御嶽海(右)=ドルフィンズアリーナで2018年7月22日、兵藤公治撮影

 「横綱、大関の休場は遺憾」。日本相撲協会の八角理事長(元横綱・北勝海)は千秋楽恒例の協会あいさつで、3横綱1大関の休場した今場所の無念さを隠さなかった。

 その場所で御嶽海が大関候補に名乗りを上げた。先場所から三役2場所で計22勝を挙げ、阿武松審判部長(元関脇・益荒雄)は、9月の秋場所で「昇進がかかる」と明言した。

 ただ、御嶽海は9場所連続で三役を務める間、上位陣には大きく負け越している。今場所は先場所いずれも敗…

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文411文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  2. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  3. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  4. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  5. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです