メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

濃い味、うす味、街のあじ。

鯨のうまみ、大鍋の関東煮で

 「おでんやなくて、かんとだき。関東煮はだいたい祭りとかのもんやからね」と店主の宮本岱造さん(73)。

 取材がてら近鉄布施駅前(東大阪市)に食べに行った日(7月12日)は、この地区のだんじり祭りの3日前だった。店内には岸田堂のだんじりポスターが張ってある。

 角地にあるこの店の二面にかかるのれんは「関東煮」とだけ染め抜かれている。丸い大きな提灯(ちょうちん)は見事な墨文字で「名代関東煮」と書いてある。そういえば1980年ごろまでは、花見でにぎわう公園の売店食堂や海水浴場の海の家も「関東煮」と看板に書いていたな。

 その「関東煮」。店に入ると、いやが応にも目に入るのが真ん中にある大きな丸い鍋だ。鋳物で直径90セン…

この記事は有料記事です。

残り1634文字(全文1941文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  2. 高松商・香川が今大会初完封 春日部共栄降す
  3. タイで覚醒剤300万人使用か 押収量過去最高、日本にも流出
  4. 寄贈 闘病記を市に 子宮頸がん患いながら出産、朝霞の森田さん(46) 検診の大切さ知ってほしい /埼玉
  5. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです