メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 長崎地裁で先月15日、広告制作会社で働いていた男性(46)が上司から執拗(しつよう)なパワーハラスメントを受けたとして、慰謝料や未払い賃金を勤務先に求めた訴訟の口頭弁論があった。男性の妻(38)が証言台に立ち、涙ながらに夫の身に降りかかった理不尽な惨状を明かした。

 2人は2006年に結婚。デザイナーの男性は12年に同社に転職し、翌春に代わった上司から人格を否定するような…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文468文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  3. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです