メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

猛暑

熱中症死の疑い94人 6日間30都府県

強い日差しで路面付近の気温が上昇し、空気が揺らぐ中を歩く人たち=埼玉県熊谷市で23日午後2時47分、丸山博撮影

 日本列島は23日も猛烈な暑さに見舞われ、埼玉県熊谷市で午後2時23分、観測史上最高の41・1度を記録した。これまで1位だった高知県四万十(しまんと)市の41・0度(2013年8月12日)を、約5年ぶりに更新した。また、毎日新聞の集計では、岐阜県多治見市で40・7度を観測した今月18日以降、23日までに全国で熱中症とみられる症状で亡くなったのは、少なくとも30都府県で94人に上った。この猛暑は2週間ほど続く見通し。

この記事は有料記事です。

残り1009文字(全文1218文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. マンモス細胞核に生命現象 分裂初期の動きを観察
  3. TOHOシネマズ入場料100円値上げ 人件費増が要因 レディースデイも
  4. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演
  5. ジャングルジム5歳焼死 運営者ら6人書類送検 業務上過失致死傷容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです