メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G20

貿易戦争に無力感 緊張緩和策描けず

 日米欧に中国など新興国を加えた主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は22日、米国発の貿易戦争の収拾に向け「対話と行動を強化する」との共同声明を採択して閉幕した。米国と中国が制裁関税を発動し合って以降、初の会議となったが、声明は3月の会議とほぼ同じ内容に過ぎず、今回も緊張緩和の具体的な道筋は描けなかった。

 声明では、貿易を世界経済の下振れリスクと明記し、「短期から中期にかけての下振れリスクが増大している…

この記事は有料記事です。

残り1340文字(全文1551文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東日本大震災 宮城、復興住宅全て完成 1万5823戸 被災3県で初
  2. プーチンのロシア ウクライナ危機5年/7 改革の誓いむなしく
  3. D&G、プラダ、グッチ…高級ブランドの先鋭デザインは「差別的」か ネットで批判、謝罪相次ぐ
  4. 「若い人たちはすごいな」高校eスポーツ大会、レボルさんが総括
  5. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです