メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊・時論フォーラム

ナショナリズム/小田原市の生活保護改革/性暴力・性差別

カンヌ国際映画祭のパルムドール授賞式後、記者会見で語る是枝裕和監督=フランス・カンヌで2018年5月19日(日本時間20日未明)、小林祥晃撮影

 論壇のオピニオンリーダーが現代の諸問題を読み解く本欄で、今回メインの吉田徹・北海道大教授は、最近話題を集めた人気バンドの楽曲と映画を題材に、現代におけるナショナリズムの在り方、個人と共同体の関係について考察する。井手英策・慶応大教授は、生活保護の在り方を巡り自治体と人権団体が協力して改善に向かった経緯を、石原俊・明治学院大教授はセクハラの現状と見通しを論じた。

この記事は有料記事です。

残り4522文字(全文4704文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです