メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外貴乃花親方 相撲協会に退職届
記者の目

滋賀・日野町事件再審決定 心証にこだわりすぎた=山本直(大阪編集制作センター)

再審開始の決定を受け、垂れ幕を掲げる弁護士=大津市京町3の大津地裁前で11日、成松秋穂撮影

 滋賀県日野町で1984年に起きた強盗殺人事件「日野町事件」で、大津地裁は今月11日、無期懲役が確定し、服役中に死亡した阪原弘(ひろむ)さんの再審開始を認めた。阪原さんは逮捕から23年後の2011年3月に75歳で病死しており、死刑・無期判決が確定した事件で死後に再審が認められたのは戦後初めてだ。ようやく重い扉が開きかけているが、90年代にこの裁判を取材した私には、当時の1審・大津地裁の訴訟指揮がその後の混迷、長期化の主因のように思えてならない。そもそも最初の有罪の判断は、裁判所が心証にこだわりすぎた結果ではなかったか。

 阪原さんが逮捕されたのは事件から3年余りたった88年3月。当初の起訴状は、84年12月28日午後8…

この記事は有料記事です。

残り1698文字(全文2010文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 塀倒壊で女児死亡 高槻市が和解金支払いへ
  2. リカちゃん人形 賢明女子学院中・高制服で登場 購入予約700体 姫路 /兵庫
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  5. 皇室 皇太子ご夫妻が福岡入り 昨年の豪雨被災地にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです