メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン

「ウラン濃縮拡大」 欧州に米への対応促す

 【ワシントン会川晴之】イラン核合意から離脱表明したトランプ米政権による制裁拡大の動きに対抗し、イランがウラン濃縮活動拡大に向けた準備を進めている。濃縮用の最新鋭遠心分離機の組み立て工場を新設したほか、材料となる六フッ化ウラン(UF6)の増産を目指す動きが続く。イラン核合意で認められているギリギリの線を突いて、米国をけん制し、核合意に残った欧州諸国などにも米国への強い対応を促す戦術だ。

 「米国は、イランとの戦争は全ての戦争の母となることを知るべきだ」。イランメディアによるとロウハニ大…

この記事は有料記事です。

残り879文字(全文1123文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです