メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう二度と

相模原殺傷事件2年 被告、今も主張改めず 19人の犠牲者ひとくくり 福祉専門家、面会重ね

静岡県立大短期大学部教授の佐々木さん=国本愛撮影

 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺害された事件から26日で2年になる。殺人などの罪で起訴された元職員、植松聖被告(28)=精神鑑定中=は「障害者は不幸をつくる」などと語った。発言の真意を確かめるため、今年、2人の福祉専門家が被告と面会した。【国本愛、水戸健一】

 4月、静岡県立大短期大学部の佐々木隆志教授(社会福祉学)は拘置施設を訪れた。透明の板越しに「あなたに福祉の気持ちを伝えたい」と話すと、植松被告は涙を浮かべ「ありがとうございます」と頭を下げた。被告に障害者福祉の意味や大切さを分かってほしいと思ったからだ。

 事件当日、知的障害がある息子(22)は「僕も殺される。植松が来るから鍵をかけて」とおびえた。障害の…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. 幼稚園バスなど5台絡む多重事故で2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです