メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

性の多様性に関する学習会で講演する鈴木茂義さん=東京都千代田区の首都大学東京秋葉原サテライトキャンパスで

 性的少数者(LGBTなど)への社会の関心が高まり、ニュースで目にする機会が増えてきた。子ども自身や学校の友達、その親が当事者の可能性もある。子どもに性の多様性について教えるにはどうしたらいいのか。

 ●子どもの中に教材

 「先生は男なのに私って言った。変なの」「あなたは自分のことを何と言うの」

 東京都内で6月にあった性の多様性に関する学習会。小学校で非常勤講師をしている鈴木茂義さん(40)は、4年生の算数の時間にあった女子児童とのやり取りを紹介した。「私は女の子だから私って言うよ。普通だし居心地がいいから」と答えた女児に、鈴木さんは「働いていると男女に関係なく私と言うことはある。自分をどう表すか自分で決める点で先生と一緒だね」と答えた。女児は納得した様子だったという。

 鈴木さんは同性愛者であることを周囲に公表し、LGBTと教育について考える会を開催している。学校現場…

この記事は有料記事です。

残り1267文字(全文1654文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです