メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

性の多様性に関する学習会で講演する鈴木茂義さん=東京都千代田区の首都大学東京秋葉原サテライトキャンパスで

 性的少数者(LGBTなど)への社会の関心が高まり、ニュースで目にする機会が増えてきた。子ども自身や学校の友達、その親が当事者の可能性もある。子どもに性の多様性について教えるにはどうしたらいいのか。

 ●子どもの中に教材

 「先生は男なのに私って言った。変なの」「あなたは自分のことを何と言うの」

 東京都内で6月にあった性の多様性に関する学習会。小学校で非常勤講師をしている鈴木茂義さん(40)は、4年生の算数の時間にあった女子児童とのやり取りを紹介した。「私は女の子だから私って言うよ。普通だし居心地がいいから」と答えた女児に、鈴木さんは「働いていると男女に関係なく私と言うことはある。自分をどう表すか自分で決める点で先生と一緒だね」と答えた。女児は納得した様子だったという。

 鈴木さんは同性愛者であることを周囲に公表し、LGBTと教育について考える会を開催している。学校現場…

この記事は有料記事です。

残り1267文字(全文1654文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  5. 中日・松坂投手 右肩の炎症で開幕絶望

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです