メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G20

貿易戦争に無力感 緊張緩和策、描けず

G20財務相・中央銀行総裁会議の写真撮影の際、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事(右端)とあいさつを交わすムニューシン米財務長官=ブエノスアイレスで、ロイター

 日米欧に中国など新興国を加えた主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は22日、米国発の貿易戦争の収拾に向け「対話と行動を強化する」との共同声明を採択して閉幕した。米国と中国が制裁関税を発動し合って以降、初の会議となったが、声明は3月の会議とほぼ同じ内容に過ぎず、今回も緊張緩和の具体的な道筋は描けなかった。

 声明では、貿易を世界経済の下振れリスクと明記し、「短期から中期にかけての下振れリスクが増大している…

この記事は有料記事です。

残り1319文字(全文1530文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです