メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インドネシア

アジア大会前に「煙害」監視を強化

パレンバンの地図

 【ジャカルタ武内彩】8月18日にインドネシアで開幕するアジア大会でサッカーやボート競技などの会場となるスマトラ島パレンバンの防災当局が「煙害対策」に神経をとがらせている。スマトラ島ではパーム油の畑を開墾するための野焼きが、森林火災を起こしてきたが、今月17日に近郊で発生した森林火災が鎮火しないまま煙害が広がっているからだ。消火活動とともに、24時間の監視態勢が続いている。

 地元メディアによると、17日の森林火災でこれまでに360ヘクタール以上が焼失した。今回の原因は不明…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文577文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  2. NTT社長 ドコモ値下げ、全社で支援 効率化を協議へ
  3. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  4. ゴーン会長逮捕 閉鎖の工場地元「人情ない人と思ってた」
  5. ゴーン会長逮捕 ホンダ関係者「やったぜ日産」 投稿削除

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです