メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

横審、休場3横綱に「責任を感じてほしい」と苦言

 日本相撲協会の横綱審議委員会(横審)が23日、東京・両国国技館で行われた。北村正任委員長(毎日新聞社名誉顧問)は名古屋場所を休場して12年ぶりの横綱不在の事態を招いた鶴竜、白鵬、稀勢の里の3横綱に対し、「けがだからやむを得ない。だが、大相撲を背負う立場の人間として責任を感じてほしい」と苦言を呈した…

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文362文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 観光バス 泡吹く運転手に気づき乗客が1キロ先で停止
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に
  4. 特集ワイド 昔なら罰当たり? ライトに“仏教”浸透中
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです