メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

横審 休場続く稀勢へ厳しいノルマ「期待に応えられる仕事を」(スポニチ)

 場所後恒例の横綱審議委員会(横審)の会合が23日、東京・両国国技館で行われ、横綱のワースト記録を更新した8場所連続休場の稀勢の里(32=田子ノ浦部屋)について、秋場所での復活を待つことになった。北村正任委員長(毎日新聞社名誉顧問)は「次の場所は全力でという覚悟の言葉が伝わってきている。体を治して頑張ってほしいと思っている」と話した。

     横審は成績不振の横綱に「激励」「注意」「引退勧告」などを決議することができるが今回は見送られた。「激励」について議論はあったというが、北村委員長は「横綱がどう判断するかが大事。外からいろいろ条件をつけて、こうなら引退だとか、そういうことではない」と説明した。

     秋場所の“ノルマ”も「どういう成績なら十分という話は出なかった」という一方、宮田亮平委員(文化庁長官)は「期待に応えられる仕事をしてもらえるように。やはり優勝しかない」と厳しい意見を述べた。いずれにせよ、稀勢の里は秋場所で横綱の責任を問われることになる。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
    2. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
    4. 日産会長逮捕 記載訂正長期化か 不正広範囲、精査に時間
    5. ゴーン会長逮捕 日産3社連合暗雲 ルノー後任協議へ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです