メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

農業支援1.3兆円 貿易摩擦の長期化見据え

 【ワシントン共同】トランプ米政権は24日、中国などとの貿易摩擦の長期化を見据え、最大で120億ドル(約1兆3000億円)となる農業支援策を発表した。米国の農畜産品が高関税による報復を受けており、悪影響が出ている大豆などの農家を救済する。強硬な通商政策を維持しつつ、農業州にも目配りすることで、11月の中間選挙に向けて支持を集める狙いもありそうだ。

 米国は3月、鉄鋼などに高関税を課す輸入制限を発動。中国には7月6日、知的財産権の侵害を理由に制裁関…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文543文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 安倍3選・その先 /下 「後継」はや駆け引き
  4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  5. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです