メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

「国政調査権」は何のため=与良正男

 一体、国会は何のためにあるのか。通常国会が閉会し、こんな怒りがこみ上げてくる。

 森友、加計(かけ)問題は結局、うやむやなまま。森友問題で財務省がなぜ、文書改ざんにまで手を染めたのか、その理由さえ明確にならなかった。そして与党は、国民の反対や不安が強いにもかかわらず、カジノを解禁する統合型リゾート(IR)実施法の成立を急いだ。

 小泉進次郎氏ら自民党議員からも国会改革を求める声が出ているのは、立法府が機能不全に陥っている危機感…

この記事は有料記事です。

残り731文字(全文945文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. ことば 寝屋川中1男女殺害事件

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです