メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

「国政調査権」は何のため=与良正男

 一体、国会は何のためにあるのか。通常国会が閉会し、こんな怒りがこみ上げてくる。

 森友、加計(かけ)問題は結局、うやむやなまま。森友問題で財務省がなぜ、文書改ざんにまで手を染めたのか、その理由さえ明確にならなかった。そして与党は、国民の反対や不安が強いにもかかわらず、カジノを解禁する統合型リゾート(IR)実施法の成立を急いだ。

 小泉進次郎氏ら自民党議員からも国会改革を求める声が出ているのは、立法府が機能不全に陥っている危機感…

この記事は有料記事です。

残り731文字(全文945文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪地裁 たこ焼き店脱税、起訴内容認める 初公判
  2. 大相撲 番付編成会議 貴乃花親方は欠席
  3. 未承認薬 社長を書類送検 有印私文書偽造容疑 大阪
  4. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者
  5. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです