メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 前回「晩節」について書いたが、これからは高齢者が活躍する「晩活」も大事だ。江戸時代には「隠居」という生き方があった。井原西鶴は商人だったが30代で俳諧の宗匠となり、隠居して40代から多くの小説を書いた。松尾芭蕉は江戸で町名主の町代を務めていたが、やはり30代で隠遁(いんとん)し全国を旅しながら俳諧師として生きた。歌川広重は武家をついでいたが、20代後半で家督を譲り隠居して浮世絵師となった。年齢に関係なく、家督を譲ることで隠居となる。秩序の「隠」にまわった多くの人たちが活躍し、江戸文化を築いたのである。

 むろん高齢隠居もいた。伊能忠敬は10代で下総国佐原村の伊能家の婿養子となって家業を立て直し、資産を…

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文788文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 黒部ダムカレー 愛され10年 年間5.7万食売り上げ
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. クックパッドニュース [作ってみた]話題の「ダムカレー」は〇〇を使えば簡単にできた!!
  4. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  5. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです