メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

展示会

洋画家・藪野健さんの画業振り返る 早大會津八一記念博物館

自作の前に立つ洋画家・藪野健さん=東京都新宿区の早稲田大で、栗原俊雄撮影

 洋画家で早稲田大名誉教授の藪野健さんの画業を振り返る「記憶の扉を開けて」が同大會津八一記念博物館(東京都新宿区西早稲田1)で開かれている。

 藪野さんは1943年、名古屋市生まれ。日本芸術院会員で二紀会副理事長、府中市美術館館長も務めている。20歳で油絵を始め、同大大学院修士課程美術史専攻修了後、スペイン・…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文387文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  2. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)
  3. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  4. 名古屋 BTSファン投稿巡り女子大に爆破予告メール
  5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです