メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

問い続ける僧侶=中村秀明

 <sui-setsu>

 この国では毎年2万人以上が自殺し、2017年は30分に1人が自ら命を絶った。その理由として「経済苦」が多いというのが実は疑問だった。「貧しい」「お金がない」、それだけで人は生きることをあきらめるのか。そこまで、お金に振り回されるものなのだろうか、と。

 先日会った岐阜県関市の臨済宗僧侶、根本紹徹(じょうてつ)さん(46)も納得できなかった。そして「死にたい」と願う人に向き合い、話を聞いた。

 わかったのは「気持ちをくんでくれる人がいない」「このつらさをだれも分かち合ってくれない」と思った時…

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文986文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 質問なるほドリ 非正規雇用、増えているの? 年々増加 過去最多2036万人に=回答・福島祥
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです