メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

カジノ解禁を考える

鳥畑与一・静岡大教授

 カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法が成立した。3カ所の誘致候補地には大阪府や和歌山県などが名乗りを上げている。経済効果は年2兆円ともされるが、試算の妥当性には疑問符が付き、ギャンブル依存症患者が増える可能性を危惧する声も出ている。カジノ解禁という賭けは、日本社会にとって吉と出るか、凶と出るか。

この記事は有料記事です。

残り4354文字(全文4505文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです