メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

ミサイル発射場解体着手 遺骨返還も準備 「朝鮮戦争終結」米に迫る

22日に撮影された北朝鮮・東倉里の「西海衛星発射場」の衛星写真

 【ソウル堀山明子】朝鮮戦争(1950~53年)休戦協定締結から27日で65年を迎える。韓国政府によると、北朝鮮は大陸間弾道ミサイル(ICBM)用のエンジン開発を続けてきた「西海(ソヘ)衛星発射場」(平安北道(ピョンアンプクド)・東倉里(トンチャンリ))を解体する作業に着手するとともに、27日に向けて朝鮮戦争で死亡・行方不明となった米兵の遺骨を返還する準備を進めている。非核化を巡り米朝間に進展がない中、北朝鮮は自ら宣言した信頼醸成措置を先行して実施することで、トランプ米大統領に戦争終結宣言の早期実現を迫る狙いがある。

この記事は有料記事です。

残り784文字(全文1045文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです