メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

ミサイル発射場解体着手 遺骨返還も準備 「朝鮮戦争終結」米に迫る

22日に撮影された北朝鮮・東倉里の「西海衛星発射場」の衛星写真

 【ソウル堀山明子】朝鮮戦争(1950~53年)休戦協定締結から27日で65年を迎える。韓国政府によると、北朝鮮は大陸間弾道ミサイル(ICBM)用のエンジン開発を続けてきた「西海(ソヘ)衛星発射場」(平安北道(ピョンアンプクド)・東倉里(トンチャンリ))を解体する作業に着手するとともに、27日に向けて朝鮮戦争で死亡・行方不明となった米兵の遺骨を返還する準備を進めている。非核化を巡り米朝間に進展がない中、北朝鮮は自ら宣言した信頼醸成措置を先行して実施することで、トランプ米大統領に戦争終結宣言の早期実現を迫る狙いがある。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  2. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  3. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」
  4. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです