メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

習氏、中東・アフリカ歴訪 狙うは「一帯一路」拡大

習近平氏の中東・アフリカ歴訪経路

 【北京・河津啓介】中国の習近平国家主席は、今年3月に国家主席に再選されて以来初の外遊として中東・アフリカ5カ国を訪問している。主眼は、自ら提唱した経済圏構想「一帯一路」の地球規模の拡大・延長だ。「中国モデル」の社会システムを国際社会に浸透させ、大国としての影響力を高める戦略とみられる。

 習氏は19~28日、中東のアラブ首長国連邦(UAE)に始まり、アフリカのセネガル、ルワンダ、南アフリカ、モーリシャスを訪問。南アフリカのヨハネスブルクで25日に開幕する新興5カ国(BRICS)首脳会議にプーチン露大統領らと共に出席する。

 習氏は今回訪問した各国で「一帯一路」による連携を前面に出した。習氏は各国首脳に「自ら選択した発展の…

この記事は有料記事です。

残り1416文字(全文1729文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです