メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう二度と

相模原殺傷事件2年 差別のない社会目指す 障害者ら、衝撃乗り越え

「障害を理由に誇りや尊厳が奪われるようなことを許してはいけない」と語る五位渕真美さん=東京都千代田区で18日

 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺害された事件から間もなく2年。障害者差別を顕在化させた出来事に傷つき、悩みながらも、誰もが分け隔てなく暮らせる社会を目指して活動を続ける当事者や、その家族がいる。

悩み相談・五位渕さん 共生諦めない

 2年前の7月26日朝。NPO法人「障害者インターナショナル日本会議」(東京都千代田区)の事務所の相談用電話が鳴り響いた。受話器を取ると、精神障害のある男性が慌てふためいていた。「えらいことになった」

 障害者の虐待や悩みの相談に当たっている社会福祉士の五位渕真美(ごいぶちまみ)さん(39)は、やまゆ…

この記事は有料記事です。

残り1676文字(全文1954文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです