メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハンセン病

患者の子、全面敗訴 国の過失認定「後退」 広島高裁支部

 国のハンセン病隔離政策で、療養所に入っていなかった母親(1994年に死亡)とともに差別を受けたとして、鳥取県北栄町の男性(72)が計1925万円の国家賠償を求めた訴訟で、広島高裁松江支部(栂村(つがむら)明剛(あきよし)裁判長)は24日の控訴審判決で、1審・鳥取地裁判決を支持し、男性の控訴を棄却した。1審で初めて認められた患者家族への国の賠償責任について判断を回避し、男性個人の差別被害も「具体的に認められない」と退けた。

 ハンセン病患者家族の差別被害を巡る高裁判決は初めて。国の過失認定が事実上後退した全面敗訴で、201…

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文732文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. NTT社長 ドコモ値下げ、全社で支援 効率化を協議へ
  3. プロ野球 FA浅村、楽天決定
  4. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです