メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう二度と

相模原殺傷事件2年 精神疾患措置入院 退院後支援、法整備進まず 割れる現場「監視強化」批判も

病院の担当者と患者の退院後支援について電話で話し合う相模原市職員=相模原市役所で、原田啓之撮影

 相模原市の障害者施設殺傷事件では、精神疾患で強制的に入院措置が取られた患者の支援のあり方に焦点が当たった。国は退院後の支援の充実を決めたが、その根拠となる精神保健福祉法の改正はいまだにされず、対応は自治体間で分かれている。当事者の中には、退院後支援が入院歴のある人への監視強化につながるとの批判もあり、法改正のめどは立っていない。

 殺人罪などで起訴された植松聖被告(28)は、事件前に障害者の殺害計画を書いた手紙を衆院議長公邸に持…

この記事は有料記事です。

残り846文字(全文1062文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです