メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

激甚災害指定 期待高まる、被災地復旧 調査から16日で決定

 西日本豪雨による災害が激甚災害に指定されることが24日の閣議で決まり、被災地では復旧の動きが加速する期待が高まる。復旧工事の補助率が最大9割程度まで高まるこの指定は、従来、指定までに数カ月かかったが、昨年12月に運用を改善し、今回は調査から16日後での指定決定となった。

 指定には、災害そのものを指定する「本激」と、地域を指定する「局地激甚災害(局激)」がある。今回は本激で対象は、梅雨前線の停滞などに伴う5月20日~7月10日の大雨被害で、北海道での水害も含む。内閣府の18日時点での災害復旧見込み額は、河川や道路など公共土木施設が3210億円、農地などが161億円。中小企業の被害額は4738億円に上った…

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文763文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社告 優勝額を販売します 9月場所・白鵬関
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 赤坂電視台 川合俊一 日本女子バレーの団結力はすごい!
  4. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  5. 東京 コインロッカーから乳児遺体 無職女性が事情知る?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです