メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

激甚災害指定 期待高まる、被災地復旧 調査から16日で決定

 西日本豪雨による災害が激甚災害に指定されることが24日の閣議で決まり、被災地では復旧の動きが加速する期待が高まる。復旧工事の補助率が最大9割程度まで高まるこの指定は、従来、指定までに数カ月かかったが、昨年12月に運用を改善し、今回は調査から16日後での指定決定となった。

 指定には、災害そのものを指定する「本激」と、地域を指定する「局地激甚災害(局激)」がある。今回は本激で対象は、梅雨前線の停滞などに伴う5月20日~7月10日の大雨被害で、北海道での水害も含む。内閣府の18日時点での災害復旧見込み額は、河川や道路など公共土木施設が3210億円、農地などが161億円。中小企業の被害額は4738億円に上った…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  2. 特集ワイド 「アベ政治ノー」訴え続ける 木内みどりさん 「言うべきこと」萎縮無用
  3. 錦織が棄権、第1セット落とし第2セット途中で またジョコの壁 全豪テニス
  4. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  5. 飛び交う「ええかげんにせえや」 大阪都構想の法定協が大混乱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです