メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

内閣府試算

幼児教育無償化、物価下げ 日銀目標に逆風

 政府が2019年10月から始める幼児教育・保育無償化の影響で、19、20年度の物価上昇率が0.3%ずつ押し下げられる見通しだ。内閣府が試算した。子育て世帯の負担軽減を目指す安倍晋三政権の目玉政策が、日銀の2%の物価目標には逆風となる皮肉な格好となっている。

 幼児教育・保育無償化は、すべての3~5歳児と住民税非課税世帯の0~2歳児を対象に、認可保育園や幼稚園などの保育料を無料にする政策。認可外施設に通う場合も月3万7000円(3~5歳児)を上限に補助する。19年10月に消費税率を10%に引き上げた際の増税分の使途を変更し、約8000億円の予算を…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文689文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです