メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

狙うは「一帯一路」拡大 習氏、中東・アフリカ歴訪

首脳会談前に南アフリカのラマポーザ大統領と並んで歩く中国の習近平国家主席(中央)=南アフリカの首都プレトリアで24日、ロイター

 【北京・河津啓介】中国の習近平国家主席は、今年3月に国家主席に再選されて以来初の外遊として中東・アフリカ5カ国を訪問している。主眼は、自ら提唱した経済圏構想「一帯一路」の地球規模の拡大・延長だ。「中国モデル」の社会システムを国際社会に浸透させ、大国としての影響力を高める戦略とみられる。

 習氏は19~28日、中東のアラブ首長国連邦(UAE)に始まり、アフリカのセネガル、ルワンダ、南アフリカ、モーリシャスを訪問。南アフリカのヨハネスブルクで25日に開幕する新興5カ国(BRICS)首脳会議にプーチン露大統領らと共に出席する。

 習氏は今回訪問した各国で「一帯一路」による連携を前面に出した。習氏は各国首脳に「自ら選択した発展の…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  2. 日産、ゴーン前会長に損害賠償請求へ
  3. ゴーン前会長 クルーザー「社長号」も私的流用から?
  4. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  5. 注目裁判・話題の会見 ゴーン事件追起訴 東京地検次席会見「反響は想定」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです