メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幻の科学技術立国

第2部 源流を探る/番外編 キーパーソンに聞く「このままでは三流国に」

インタビューに答える尾身幸次・元科学技術政策担当相=東京都千代田区で2018年6月25日午後4時15分ごろ、斎藤有香撮影

元科学技術政策担当相、尾身幸次さん(85)

 --1995年に科学技術基本法を作った経緯は?

 初めての科学技術の法律で2年がかりだった。当時日本はバブルが崩壊し、経済が活力を失っていた。資源が乏しく、国土の狭い日本を再び強い国にするという大きな課題を成し遂げるには、「科学技術創造立国」を目指し、頭脳で勝負する以外に道はない。資質の高い人材を一人でも多く育てて、科学技術で日本を強くするしかないと思った。

 --研究開発資金の確保が初めて明記されました

この記事は有料記事です。

残り911文字(全文1135文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 投の横浜と強打の明豊が対決 センバツ第2日の見どころ
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 囲碁・将棋スペシャル 将棋 C級1組 泉八段 順位戦最後の将棋 「これからは見る側に」
  4. 習志野が10年ぶり初戦突破 一回に猛攻 日章学園降す
  5. 明豊が三回一気に逆転 横浜・及川は5点を奪われ降板

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです