メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 <午前中に入り江の宿を出て、岬の突端に向かっている。(中略)東京から電車で二時間、九時ごろに着いた宿の表はすでに閉じていた-->

 川上弘美さんの小説「真鶴」は題名の通り、神奈川県真鶴町が舞台だ。相模湾に面した半島の急な斜面に坂道がめぐらされ、深い森も広がる。7400人ほどが暮らす港町だ。一人の女性が現世(うつしよ)と幻の間を行き来する幻想的な作品の舞台に、近くの観光地の熱海や箱根は似合わない。

 その真鶴が昨年度、神奈川県内で初めて過疎地域に指定された。

この記事は有料記事です。

残り665文字(全文894文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る
  5. 小泉進次郎・自民筆頭副幹事長 「モリカケやっぱりおかしい」 特別委設置求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです