メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 <午前中に入り江の宿を出て、岬の突端に向かっている。(中略)東京から電車で二時間、九時ごろに着いた宿の表はすでに閉じていた-->

 川上弘美さんの小説「真鶴」は題名の通り、神奈川県真鶴町が舞台だ。相模湾に面した半島の急な斜面に坂道がめぐらされ、深い森も広がる。7400人ほどが暮らす港町だ。一人の女性が現世(うつしよ)と幻の間を行き来する幻想的な作品の舞台に、近くの観光地の熱海や箱根は似合わない。

 その真鶴が昨年度、神奈川県内で初めて過疎地域に指定された。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです