メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩の橋を渡って

命の点滅、映し出す空白=和合亮一(詩人)

呼び合っては

いない

点滅を

繰り返す

生きて

いるもののように

 開いてみると左側にだけ、文字と数字とがある。右側はあくまでも前の頁(ページ)の裏側なのだろうか。開くほどにずっと左側には簡潔な詩行が続いている。大木潤子の新詩集『私の知らない歌』(思潮社)を手にすると、ともかくも大いなる空白が迫ってくる印象に出会うだろう。これは詩人が抱える言葉の余白であり沈黙であるとも感じられる。斬新な書物の印象があり、そのまま一つの美術作品にも眺められるかのようである。

 この白さとは何であろう。例えば「今日を/またいで/明後日に/行く」。「裏切りのようなことが/雨にな…

この記事は有料記事です。

残り1004文字(全文1278文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮城 交番で警官刺され死亡、拳銃発砲で刃物の男も死亡
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです