メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 財政難が話題になるたび、政治家たちは文化事業をやり玉に挙げる。大津市のびわ湖ホールは今年、自らの判断で攻めのリストラに着手した。フランス発祥で日本にも広がった「ラ・フォル・ジュルネ」(熱狂の日)の名を冠した音楽祭を昨年まで8回続けたが、その看板を外すことになった。高額な「看板料」と、看板があるが故に求められる統一的な運営の制約から、自由を求めたのだ。

 琵琶湖を一望する地で20年。オペラと声楽に特化した事業展開と人材育成で異彩を放ってきた。ある種の隙…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文466文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 京都府警 スーパーで店員の女性刺す 男の身柄を確保
  4. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」
  5. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです