メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 鹿児島県薩摩川内市の甑(こしき)島で、恐竜絶滅時期に近い約7000万年前のハドロサウルス類の大腿(だいたい)骨の化石が見つかり、島内の市鹿島支所で「日本最後の恐竜化石」として公開が始まった。化石は長さ約70センチ。「海岸にある断崖状の地層部分へ船で渡り、地質調査中でした。『あ、骨だ』とすぐ分かり、思わず抱きしめました」。市職員の三宅優佳(ゆか)さん(31)は発見時の興奮を振り…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文476文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS トミカファンのコレクター欲を刺激する「武将コレクション」 2月は「伊達政宗」を大胆デザイン
  2. WEB CARTOP イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは
  3. 桜田五輪担当相が衆院予算委に遅刻 質疑中断
  4. 4歳長女に傷害容疑、母逮捕 全身100カ所の傷痕 鹿児島
  5. 安倍首相「桜田氏が東京五輪招致尽力」発言を訂正 前任と混同

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです