メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 鹿児島県薩摩川内市の甑(こしき)島で、恐竜絶滅時期に近い約7000万年前のハドロサウルス類の大腿(だいたい)骨の化石が見つかり、島内の市鹿島支所で「日本最後の恐竜化石」として公開が始まった。化石は長さ約70センチ。「海岸にある断崖状の地層部分へ船で渡り、地質調査中でした。『あ、骨だ』とすぐ分かり、思わず抱きしめました」。市職員の三宅優佳(ゆか)さん(31)は発見時の興奮を振り…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文476文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです