メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がんばっペン

裁判員裁判で考えた /茨城

 間もなく齢(よわい)50となる中高年の私。取材技能の高低はともかく場数は踏んできたつもりだが、裁判員裁判の取材は未経験だった。

 水戸地裁で17日にあった茨城大農学部2年の女子学生(当時21歳)殺人事件の公判を傍聴し、裁判員裁判の法廷に初めて足を踏み入れた。

 裁判官3人の両側に座る裁判員6人の中には、私と同年代と思わしき男性もいた。

 フィリピン国籍の男性被告(36)は残酷な犯行をほぼ認めつつも、共謀したとされる同僚とのやりとりなど…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文495文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問
  5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです