メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シンポジウム

「災害と備え」テーマ ALSの医師が八千代で29日 /千葉

 難病の当事者、家族や災害の被災者が生きる希望を持ち、安心して暮らせる社会をつくろうと、医療・福祉に関する情報提供や、当事者と支援者の交流を目的とした「心のケアシンポジウム」が29日午後0時半、八千代市ゆりのき台3の同市総合生涯学習プラザで開かれる。参加無料。

 シンポは、難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)と闘いながら、同じ難病患者や震災被災者の支援に取り組む同市の医師、太田守武さん(47)が企画し、昨年11月に続き2回目の開催となる。

 太田さんは医学生時代、知識を詰め込む医学部の教育に疑問を感じ、医療問題の当事者から学ぶサークルを結…

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文794文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円
  3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  4. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  5. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです