メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧州司法裁

ゲノム編集は「組み換え」 規制対象と初判断

 【ブリュッセル八田浩輔】欧州連合(EU)の欧州司法裁判所は25日、遺伝子を効率よく改変する革命的な技術「ゲノム編集」で開発した作物も、原則として従来の遺伝子組み換え作物(GMO)の規制の対象とすべきだとの判断を示した。世界で開発競争が進むゲノム編集作物とGMOの区別を巡り、欧州では消費者団体を交えた激しい論争が繰り広げられてきたが、研究機関や企業にとって厳しい司法判断となった。

 ゲノム編集は特定の遺伝子を狙って切断して効率よく改変する新技術。作物に応用すると過酷な環境で育った…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文642文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです