メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最低賃金

地域差残る 19県、なお時給700円台 全国平均874円

 2018年度の最低賃金(時給)の引き上げ額の目安は、26円で決着した。24日から25日未明にかけて開かれた、厚生労働相の諮問機関「中央最低賃金審議会」の小委員会で決まった。16、17年度の25円を上回り、上げ幅は過去最大になった。この結果、最低賃金の引き上げ率は、安倍政権の目標通り3%以上になった。ただ、目安通りに引き上げられても、19県で時給は700円台にとどまり、最高額(985円)の東京と、最低額(760円)の沖縄などとの地域格差は225円と広がったままだ。【神足俊輔】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  2. 日産、ゴーン前会長に損害賠償請求へ
  3. ゴーン前会長 クルーザー「社長号」も私的流用から?
  4. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  5. 注目裁判・話題の会見 ゴーン事件追起訴 東京地検次席会見「反響は想定」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです