メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最低賃金

地域差残る 19県、なお時給700円台 全国平均874円

 2018年度の最低賃金(時給)の引き上げ額の目安は、26円で決着した。24日から25日未明にかけて開かれた、厚生労働相の諮問機関「中央最低賃金審議会」の小委員会で決まった。16、17年度の25円を上回り、上げ幅は過去最大になった。この結果、最低賃金の引き上げ率は、安倍政権の目標通り3%以上になった。ただ、目安通りに引き上げられても、19県で時給は700円台にとどまり、最高額(985円)の東京と、最低額(760円)の沖縄などとの地域格差は225円と広がったままだ。【神足俊輔】

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文600文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
  2. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  3. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持
  4. 過保護のカホコ テーマは「愛と夢の両立」? カホコ&初の結婚生活は… SPドラマ今夜放送
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです