メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

中国流の司法判断=坂東賢治

 <moku-go>

 今年はトウ小平(とうしょうへい)氏が改革・開放政策を始めて40年。中国メディアの回顧特集にはかつて「ニュースの顔」になった懐かしい人物が登場している。

 安徽省の年広久(ねんこうきゅう)氏(81)もその一人だ。中国人には必須のスナックであるカボチャやスイカのタネを売って成功し、話題の人物になった。

 年収1万元の「万元戸」が富裕層として羨まれた時代に賞品付き販売など政府の改革の先を行く商法で100…

この記事は有料記事です。

残り830文字(全文1039文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  4. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです