メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア時評

旧優生保護法 政治の闇の解明も=鳥山淳・沖縄国際大教授

 まだ肝心の映画を見ることができずにいるのだが、毎日新聞6月21日夕刊特集ワイド「同じ過ちを犯さぬために」で紹介されていた監督の一言が頭から離れない。映画「ゲッベルスと私」のクレーネス監督は、第二次大戦へと向かっていく1930年代と現在とを重ね合わせながら、「私たちの中にある『人間としての何か』は変わっていないのではないか」と問いかける。それは明瞭な言葉で説明できない「何か」なのだが、たしかに「私たちの中」にあり、時として人々の心を占拠し、社会を支配することがある。

 同6月25日朝刊で4面にわたって資料の詳細を掲載した「旧優生保護法を問う」は、まさに戦後日本社会に…

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文805文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです