メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不法移民

それでも米国へ 「経由地」メキシコ 「戻れば死」

 メキシコと中米グアテマラの国境地帯を今月訪れると、中米諸国の不法移民たちが次々に川を渡ってメキシコ側に入っていた。貧困や犯罪、政情不安から逃れて来た人たちだ。メキシコを北上、縦断して米国入国を図るという。不法移民にいら立つトランプ米大統領は、メキシコ政府に対し、米国との国境やメキシコ南部国境の管理強化を求める。だが、今月1日のメキシコ大統領選で勝利した左派のロペスオブラドール氏は、貧困や暴力犯罪の撲滅こそが不法移民解消につながると主張、トランプ氏に協力を呼びかける。米国を目指す不法移民たちを取材した。【タパチュラ(メキシコ南部)で山本太一】

 メキシコ-グアテマラ国境のスチアテ川を渡ったチューブ製いかだがメキシコ側に到着すると、家族とみられ…

この記事は有料記事です。

残り1495文字(全文1819文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです