メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シェア経済

5250億円 内閣府、市場規模初試算

 民泊やフリーマーケットアプリなど、主に個人がインターネットを介してモノや場所などを共有(シェア)する「シェアリングエコノミー」について、内閣府は25日、2016年の市場規模が最大で5250億円に上るとの試算を初めて公表した。国内総生産(GDP)に反映すれば、950億~1350億円押し上げる可能性があるという。【岡大介】

 内閣府と総務省が各種統計を基に、4種類に分類して市場規模を推計した。民泊などの「スペース(空間)」…

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文718文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日本テレビ イッテQ疑惑で大久保社長謝罪 祭り企画休止
  3. 日本テレビ イッテQやらせ疑惑で不適切演出認める
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです