メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきサイエンス

「世界一小さな科学館」の10年=鴨志田公男

 ノーベル化学賞を受賞した白川英樹博士が「入り口から帰るまで驚きの連続でした」と激賞する科学館が、神奈川県逗子市池子にある。

 2階建て約100平方メートル。世界一小さな科学館をうたう「理科ハウス」。森裕美子館長(62)は、地域に根ざした科学コミュニケーションが評価され、今年の科学ジャーナリスト賞特別賞を受賞した。

 まずは玄関。ガラス箱の上に、傾斜のついたプラスチック製のといが載った手作りの入館料徴収機がある。と…

この記事は有料記事です。

残り913文字(全文1120文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです