メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう二度と

相模原殺傷事件2年 写真の娘、そばに居る 浴衣姿や好物ほおばる顔 母の喪失感は埋まらず

長女が描いた絵や「まま」と書いた文字を見る母。長女を思い出し、涙することもある

 タンスの上、床に敷いた布団のそば、部屋の壁。事件から1年を過ぎた頃から、家の至る所に娘の写真を飾り始めた。夏祭りで化粧をした浴衣姿、ソフトクリームをほおばり満足そうな顔。娘が見守ってくれているような気がする。【木下翔太郎】

 入所者19人が殺害された相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」の殺傷事件から、26日で2年になるが、事件で26歳の長女を失った神奈川県内の母親は、日を追うごとに増す喪失感に苦しむ。さみしさを埋めようと飾った写真も、見つめると涙がこみ上げることがある。そんな時は、涙を流すだけ流して娘をいとおしむ。

 3歳の時に自閉症と診断を受けた娘は、言葉の意思疎通は苦手だったが、水遊びが好きで活発な子だった。保…

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文951文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです