メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう二度と

相模原殺傷事件2年 写真の娘、そばに居る 浴衣姿や好物ほおばる顔 母の喪失感は埋まらず

長女が描いた絵や「まま」と書いた文字を見る母。長女を思い出し、涙することもある

 タンスの上、床に敷いた布団のそば、部屋の壁。事件から1年を過ぎた頃から、家の至る所に娘の写真を飾り始めた。夏祭りで化粧をした浴衣姿、ソフトクリームをほおばり満足そうな顔。娘が見守ってくれているような気がする。【木下翔太郎】

 入所者19人が殺害された相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」の殺傷事件から、26日で2年になるが、事件で26歳の長女を失った神奈川県内の母親は、日を追うごとに増す喪失感に苦しむ。さみしさを埋めようと飾った写真も、見つめると涙がこみ上げることがある。そんな時は、涙を流すだけ流して娘をいとおしむ。

 3歳の時に自閉症と診断を受けた娘は、言葉の意思疎通は苦手だったが、水遊びが好きで活発な子だった。保…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  3. 名古屋・栄地区活性化に 情報発信スポット「S.Core」開設へ 松坂屋
  4. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  5. 特集ワイド ノーベル賞さえ取引材料? トランプ氏「安倍首相に推薦された」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです